×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

香水の品の良いつけ方

香水のつけ方

香水を付けるのにマナーが必要です。いい香りだからといって自分勝手につけていると相手に迷惑が かかる場合があります。 食事会などで香りがキツすぎるのはマナー違反です食事の匂いも食事のうちですので、あなたのその香りで 食事が台無しになることもあります。 またお肌に付ける場合直射日光に当たるところに付けると肌にシミができる場合があります。お気をつけ下さい そしてアクセサリーの真珠に香水をつけると真珠が溶けてしまうことがあるそうです。 レーヨンやアセテートそして毛皮やシルク、コットンなどの素材に香水をつけると、香りが落ちにくくなります。 シミになることがあります。 裏地に香水をつけるようにするとよいでしょう。 また服などに付けてしみになった場合はなるべく早めに裏にタオルを当て、消毒用アルコールを軽く含ませた布で軽くたたいてください。 エアコンのフィルターに香水をつけると、時間がたった時にあまり好ましくない香りがすることがあります。 香水の原料に動物性香料が含まれている場合です。 ストレートに香りが出て来ます。

香水を付ける

香水を付ける場合手首にひと吹きして両手首をこすり合わせことが多いことでしょうでも実はこの方法はあまり良い付け方とは言えないんです。 香水は体温によって温められて揮発します。 香水は下半身に付けると全身を包むよう香りが広がります。香水をこすり合わせる事は、香りがつぶれてしまう原因になるのでお勧めすることは出来ません。 足首に付けるのがオススメです。 胸元、手首、首筋、ひじ、髪などは香りが強くなります。 香りのタイプの香水やつけすぎに注意し手下さい。 香水の付け方付ける量 香りのきついものは少なめの方がいいですね。 香水は朝、出かける30分以上前に付けておくのがベストです。 電車やバスの中では香りは強く感じられます。 仕事中は足首などにつけるのがいいと思います。

香水

香水とは、用途や薬用として使われていました。現代では香水が使われています。 香水は香料をアルコールに溶かして作られる物です。 現在では数え切れないほど香水の種類もブランドが生まれています。 体臭が少ないほうです。 風呂に入る習慣と、臭いに対して敏感であり、日本人は無臭が好まれる傾向にもあります。香水の使用率は欧米ほど一般的ではないのです。 香水は体臭と混ざり合って香り発揮します。 香水の香りから、身に付けた時の香りを知ることは出来ません。 トップ・ノートとは香水をつけて香りのことを言います。 揮発性を利用する為にみなさんが香水つけ場所が首につける場合が多いと言うことになります。 体温の高い脈打つ場所につけると言う理由がんですね。 ハンカチなどにつける場合は、香水によるシミができることがので注意してください。 香水の調合を職業とする人をいいます。 石鹸、シャンプー、清涼飲料水等の食品に香料を調合する人はフレーヴァリストと言います。